HOME >  脂肪溶解注射(メソセラピー)に関するQ&A

脂肪溶解注射(メソセラピー)に関するQ&A

体重を減らしたい!どうしてもとれない肉を落としたい!

でも脂肪吸引みたいに手術するのは怖いからイヤ。だから、メスを使わない痩身法、脂肪溶解注射(メソセラピー)をやってみよう!
…と決心したものの、いざやるとなると、やっぱりちょっと不安がありますよね。

皮膚を切らずに、注射器で薬を注入するだけで脂肪を溶かしてくれる方法は簡単に出来そうな感じですが、副作用でトラブルはないのかな…とか、色々疑問もあるでしょう。
いくら脂肪吸引に比べて副作用やリスクが少ないといっても、体の中に薬を入れるのだから、やっぱり少しはリスクがあるはず。もちろん、注射針を刺す痛みだってあるし。

そこで、脂肪溶解注射の副作用、薬剤の成分や安全性、注射を受けられない人、リバウンドについての疑問などをこちらでまとめてみました。
他には、施術後のアフターケア、メソセラピーと脂肪吸引の違いなども紹介しています。
これを読んで、脂肪溶解注射についての疑問を解決してくださいね。

◆トピック
脂肪溶解注射(メソセラピー)の歴史

脂肪溶解注射(メソセラピー)は、1952年にフランス人の医師ミッシェル・ピストール(Dr. Michel Pistor)が開発した療法です。
植物抽出成分やビタミンなどを注射器で皮膚に注入して体の機能改善をはかることが目的で、痛みのコントロール(ペインコントロール)便秘、スポーツ医学、関節炎、脱毛症、肥満などに利用されています。
ヨーロッパではずっと使われてきた療法ですが、90年代になると薬剤の調合によって脂肪にも効果があると認められ、肥満治療目的で米国やアジアでも使用されるようになりました。

肥満は現在の病とも言われています。そういった時代背景もこの療法が進化した理由なのかもしれませんね。

副作用はあるの

脂肪溶解注射は安全性の高い痩身方法ですが、体質によっては副作用が強く出てしまうこともあります。

施術を受ける前にどのような副作用の症状があるのか、自分が該当している項目などがないか、治療してから後悔しないためにも確認しておくことが大切です。

脂肪溶解注射の「副作用はあるの」について詳しく見る>>

施術回数は

脂肪の量や施術を行う部位によって個人差があるため、施術回数は人それぞれ。クリニックによって使用する薬剤も異なるため、医師の診断によっても変わります。

脂肪溶解注射は少しずつ体外へ脂肪細胞が排泄されるため、満足のいく効果が得られるまで何度か行う必要があります。

脂肪溶解注射の「施術回数は」について詳しく見る>>

ダウンタイムは

体への負担が少ない施術ではありますが、医師の技量や使用している薬剤によっては腫れや痛みなどの症状が現れたりします。

治療を行う際には、脂肪溶解注射の実績数や担当医師、口コミなどをチェックしながら最適なクリニックを選んで欲しいと思います。

脂肪溶解注射の「ダウンタイムは」について詳しく見る>>

料金の相場は

基本的には脂肪溶解注射は保険適用外の自由診療なので、クリニックによっては格安で施術を行っているところもあります。

きちんとした効果を得たいのであれば、安さだけで判断するのではなく高品質な薬剤を使用しているクリニックで施術を行うようにしましょう。

脂肪溶解注射の「料金の相場は」について詳しく見る>>

リバウンドしないの

脂肪溶解注射は脂肪細胞そのものを老廃物として体外へ排泄してしまうため、太りにくくなり元の体型に戻りにくい施術です。

だからと言って安心してしまうのはNG!規則正しい生活を心がけなければ、再び元に戻ってしまうこともあります。

脂肪溶解注射の「リバウンドしないの」について詳しく見る>>

BNLS注射とは

小顔注射とも呼ばれており、脂肪溶解注射よりも範囲の少ない顔まわりのパーツなどに用いられています。

周囲に気付かれてしまうような症状もほとんど起こらず、手軽で直ぐに効果が表れやすいため、近年プチ整形として人気を集めています。

脂肪溶解注射の顔用「BNLS注射とは」について詳しく見る>>

脂肪吸引との違いは

脂肪溶解注射の最大の特徴は、体を傷つけずに痩せられる痩身法なので、メスを使用する脂肪吸引とは大きく異なります。

他にも費用面や治療時間、体への負担などいくつもの違いがあるので、それぞれの施術内容をよく把握しておくことが大切です。

脂肪溶解注射と「脂肪吸引との違いは」について詳しく見る>>

脂肪溶解注射のメリットとデメリット

脂肪溶解注射は安心安全な治療法ではありますが、体質や脂肪の量、施術する部位によっては自分に適している痩身方法ではないかも知れません。

医師に相談する前に治療のメリットやデメリットについてしっかりと理解しておきましょう。

「脂肪溶解注射のメリットとデメリット」について詳しく見る>>