ダウンタイムとは

「ダウンタイム」という言葉をご存知ですか?

美容整形において施術してから日常生活に支障なく回復するまでの時間のことを言います。美容整形は麻酔やメスを使用しての外科手術であることが多いので、腫れやむくみ、あざ、熱感、痛みなどが伴います。

例えば脂肪吸引手術の場合、術後の痛みのピークは2〜3日で、1週間は日常生活に支障が出るような痛みが伴うと言われています。その後も1ヶ月はちょっとした痛みは続きます。

その他内出血やかゆみ、むくみは2週間ほど、しびれや感覚が鈍るような状態は2ヶ月ほど続くと言われています。また、拘縮と言われる、皮膚の硬さが出てきます。術後2週間から可能になるマッサージや圧迫などをしてほぐす必要があります。これは3ヶ月ほどで元に戻ります。内出血などはかなり目立ちますので、足やお腹などに施術した場合、季節によっては服装などにも気を遣わなければなりません。

美しくなるためとはいえ、外科手術ですから、想像以上に生々しい手術跡を目の当たりにすることになるかもしれません。

「ダウンタイム」と聞くと何となく深刻に聞こえないかもしれませんが、メスを使用して切開する脂肪吸引などの美容整形手術では1ヶ月から長くて3ヶ月ほどの期間、痛みや腫れなどのさまざまな症状が起こります。

「綺麗になるための休み時間」などとも言われていますが、その間の仕事や人との関わりなどの日常生活がどの程度手術前と同じようにできるのか、不安になりますね。

このページでは、脂肪溶解注射のダウンタイムについて紹介しています。

脂肪溶解注射のダウンタイム

美容治療を受ける際に気になるのが、術後から回復するまでのダウンタイムではないでしょうか。

体にメスを入れない脂肪溶解注射は、注射によって薬剤を体内へ注入するだけの簡単な施術。他の痩身方法の中でも、ダウンタイムのリスクが少ないと言われています。

しかし、人によっては薬剤の種類や量、体質などの影響で術後の炎症反応が出る人も。注入部位が腫れ、熱を帯びるといった症状や筋肉痛のような痛みを感じることがあります。

これらの症状のピークは、個人の回復能力によって異なります。ダウンタイムの期間は脂肪溶解注射の施術後1~2日から1週間程度。それくらいの期間で腫れや痛みは治まるもの。日常生活に大きく影響することはありません。

脂肪溶解注射に使用される薬剤によってもダウンタイムに差があります。現在使用されている主な薬剤は大豆由来成分の大豆レシチンが含まれているPPC(フォスファチジルコリン)が主成分の薬剤と、PPCに加えてDOC(デオキシコール酸)が加えられた薬剤もあります。PPCが脂肪細胞を溶かし、DOCが脂肪細胞を壊すというもので、脂肪溶解注射の薬剤の中では効果があると言われてきました。

ただし、このDOCは効果はあるけれども腫れる成分でもあり、顔など目立つ場所への注射は敬遠されてきました。顔に注射した場合、おたふく風邪程度に腫れると言われています。そのため、お腹やお尻、太ももなどの目立たない部分に使用されていますが、それでもダウンタイムはおよそ1週間と言われています。

ただ、あくまでも施術後の症状や効果などにも個人差があるようです。イメージとのギャップが生まれないよう、しっかりとした事前のカウンセリングが必要です。

ダウンタイムが少ない脂肪溶解注射

ダウンタイムを軽減した最新タイプの注射も

近年の傾向として各クリニックが取り入れているのは、従来の脂肪溶解注射よりもさらにダウンタイムを軽減した最新タイプです。

それが近年開発され、注目されているBNLS(BN リポスカルプティング注射)です。BNLSはPPCもDOCも含まない薬剤です。

腫れや痛みなどがほとんどなく、ダウンタイムもほとんどないと言われ、脂肪溶解注射がより手軽にできるようになりました。BNLSは植物由来のメディカルハーブを中心に、有効成分が加えられた薬剤です。

有効成分が脂肪を分解し、エネルギーに変え、その他抗炎症作用や、血液の循環を促進、むくみを解消する成分などによって、従来の脂肪溶解注射の薬剤に比べて、施術後の腫れや痛み、むくみなどの症状が現れないように成分が工夫されており、炎症を起こさずに脂肪細胞を溶かしていくため、腫れたり赤みを帯びたりすることなく治療を行うことが可能です。

BNLSというのは一つの薬剤の名前ですが、同様の成分が配合された薬剤もあり、クリニックによって採用している薬剤は異なります。

このBNLSという薬剤の登場により、今まで敬遠されてきた顔への脂肪溶解注射も身近なものとなりました。

また、効果に関しては従来の薬剤に比べ早く出ると言われています。個人差がありますが、早い人で3日後には効果が実感できるようになるとのことです。

脂肪溶解注射の場合、注射する場所や脂肪の量にもよりますが、通常少なくても2回〜8回程度、何度か施術をすることで徐々に効果が現れるもので、従来の薬剤では効果は1ヶ月〜3ヶ月で現れると言われており、それと比較するとBNLSは、だいぶ短時間で効果を実感できる薬剤であると言えます。しかし、従来の脂肪溶解注射の薬剤と比べ、効果は劣ると言われてきました。

最近になって、BNLS自体も改良を加えられていますが、BNLSにDOCを加えた「BNLS neo」が開発され、話題を読んでいます。DOCは腫れる成分ですが、腫れない程度に配合されているようで、従来の脂肪溶解注射の効果とBNLSの施術後の症状がほとんどでないというところの両方のメリットを融合させた薬剤です。これにより、これまでBNLSは顔の脂肪溶解注射に使用されてきましたが、体への注射にも使用されるようになりました。

また、脂肪溶解注射に使用される針も極細で内出血しにくいものが採用されるなど、クリニックによってダウンタイムの軽減するためのさまざまな工夫が見られます。

ダウンタイムは、施術を行う医師の技術力によっても大きな差が出るようなので、症例経験が豊富な医師が在籍するクリニックを選ぶこともポイントのひとつ。

治療を行う時は、実績などもチェックしておくことをおススメします。くれぐれも価格が安いからとクリニックを決めないようにしていただきたいものです。

アフターケアと処置後の注意点

脂肪溶解注射後のアフターケアで大きく変わる

脂肪溶解注射は術後のケアによって、ダウンタイムや経過が大きく変わります。

症状を軽く済ませるためには、アフターケアが大切です。痛みや腫れ、内出血などが問題なければ、注射をした後にマッサージをすることで、しこりになるのを防ぎ、薬剤を体全体に行き渡らせられます

ただし、使用する薬剤によってはマッサージの必要がないというものもあるようですので、担当の医師のアドバイスに従って、タイミングや内容など、適切なアフターケアをして下さい。

また、施術した後は、従来の脂肪溶解注射の薬剤は腫れが出ますので、水分が不足してしまいます。また、脂肪を溶かして尿と共に体外に排泄させるため、小まめに水分補給を行うことも忘れずに。2リットル位を目安に摂取していきましょう。BNLSの場合にも、いつもよりコップ2杯を目安に、多めの水分を摂るようにしてください。

施術した日は激しい運動は避け、入浴は湯船に浸からずにシャワーで済ませるのが無難です。飲酒も控えましょう。メイクは止血した後であれば可能ですが、注射針を刺した部分は施術後2〜3時間避けましょう。

運動は、体調を見ながら無理せず継続していきましょう。体温を上げ、筋肉を鍛えることで代謝を高めます。脂肪溶解注射の効果を上げることにもつながりますので、むやみに激しい運動をするのではなく、「効果的に代謝を高めるための運動」を取り入れてみると良いでしょう。

術後すぐに普段通りの生活に戻れるかは、処置直後のケア次第なので医師に確認した上で行ってみてください。施術直後の状態にも個人差が出てきますので、無理のないよう、アフターケアをして下さい。

東京の脂肪溶解注射クリニック比較を見る